実践モチベーション向上研修

研修コード:BI3-008

研修のねらい

組織では、1人ひとりがいきいきと主体的に、また自律的な業務遂行を通じて成長を遂げ、継続的な成果創出を図ることが期待されています。しかし実際には、やらされ感を感じていたり、目の前の仕事に追われて達成感を感じられない、成長実感が薄く自信が持てないなど、自分らしい目標を描くことやチャレンジするきっかけをつかめない状態が多く見受けられます。

本研修では、モチベーションを高める(動機づける)ことをねらいに、1人ひとりがどのようにありたいか、欲求や目標に気づき、自ら行動に移れる状態をつくります。(自らのモチベーションもしくは他者のモチベーション向上支援)

研修の特長

①内省や対話、ツールの活用、ワークを通じて、各人が持つ欲求や目標、特長などモチベーションの源泉を探ります。

②言語化、可視化を通じて、曖昧になりやすいモチベーションの源泉を自覚できる状態をつくります。

③実務におけるアクション設定、振り返りの提案など、具体的で継続的な行動づくりを支援します。

BI3-008_01.png

対象者

  • 経営層、部門長、マネージャー、リーダー、担当者 各階層

※ご要望に応じて以下の研修がご提供可能です。

①セルフモチベーション研修:参加者自らのモチベーションを高めるための研修

②部下育成のためのモチベーション研修:上司が部下のモチベーションを高めるための関わり方を学ぶ研修

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

《①セルフモチベーション研修のケース》

※ご要望や状況に応じて診断ツールを活用します

0.イントロダクション、グランドルール、チェックイン [解説]

1.モチベーションとは [解説]

2.経験の振り返り [ワーク]

3.自己理解 [講義、ワーク]

  • 目標達成ワーク
  • フィードバックを通じて自らの強みを知る
  • 自らの弱みをポジティブ転換する
  • 自らの価値観を知る

4.ビジョニング [講義、ワーク]

  • 今後、自ら実現したいことを描き、語る

5.プランニング [講義、ワーク]

  • 実現に向けて自らの目標を具体化し、語る

6.ファーストアクション設定 [ワーク]

  • 自ら最初の一歩を設定し、語る

7.研修の振り返り