若手社員のキャリアアップ研修

研修コード:BI3-003

研修のねらい

近年の若手社員は、自分に自信がない、問題意識が低い、主体的に仕事に取り組めない、といった共通の課題があるといわれています。仕事や職場に慣れてきた入社3~7年目の若手社員には、将来の主任・係長クラス、さらには管理職候補者として、今までの延長線上ではない発想で、仕事に取り組んでもらう必要があります。

本研修は、これまでの自分を認め、各自の内省と自覚を促しながら、今後期待されるより高い視座とより広い視野を獲得することをねらいとしています。

研修の特長

  • 2日間研修を基本として、1日目はこれまでを振り返り、「どんな仕事にやりがいを感じたか(価値観)」「どんな能力が身についたか(獲得スキル)」「何が不足しているか(課題)」を明確にします。
  • 2日目は、「これからどのようになりたいか(ビジョン)」「そのためにどのような行動をとるか(行動変容)」「何を伸ばすか(スキルアップ)」「何を補うか(チームワーク)」を明確にします。

BI3-003_01.png

対象者

  • 入社3~7年目の若手社員

プログラム例

※本プログラムは企業内研修です。

<1日目>

  • オリエンテーション
  • キャリアを振り返る
  • 職場の悩み
  • 先輩から学ぶ
  • これまでの自分を確認する
  • 自己理解を深める
  • 上司からの手紙

<2日目>

  • 1日目の振り返り
  • チームワークを変える
  • ありたい先輩像
  • ケーススタディ
  • これから5年間をどう過ごすか
  • 行動計画宣言