KIメールマガジン『COMPASS』NO.149

2015年1月

2014年10月/NO.149
「研究・開発・設計成果の達成と、組織マネジメント活性化の両立」
KIIメールマガジンをお待ちかねの皆さま 今回は、11月14日(金)に開催いたします、KIの事例セミナーのご案内をいたします。
年初から、「今年秋に第6回KIエキスポを実施します」とお知らせをしてまいりました。
しかし、諸般の事情により、今年度のKIエキスポは、来年に延期とし、それに代わり以下のとおり、事例セミナーを開催いたします。
(関西、中部の皆さま、東京のみの開催で申し訳ございません。)
「組織風土活性化と知的生産性向上」と題しまして、事例セミナーを行いますが、KIをあまりごぞんじない お客様にもご参加いただける。
また、KIで改革を果たした事例企業とも、深く交流いただける。
KIだけでなく、取り巻く課題と解決方法をも、さまざまな視点から交流をいただける。
そんな場にしたく、皆さま振るってご参加下さい。
KI関係の事例発表企業は以下の2社です。
1.ヤマハ発動機株式会社様  「壁ドン物語 2014 KI・zu・na ~クラス最軽量マニュアルトランスミッションへの挑戦~」
2.オリエンタル酵母工業株式会社様  「自主開発の推進力強化のためのKI基盤導入」

また、それ以外に、離れた多拠点での開発や、海外生産拠点とのコミュニケーションのためのiObeyaのご紹介もいたします。
(日本語化が進み、パリから開発元の方がこのセミナーの為に来日予定です) iObeya(あいおおべや、と読みます)とは、iTを使って、離れた拠点での日本流大部屋開発を実現し、KIの神髄のアナログ感をいかせ、人と人のディスカッションを促進できる、魅力的なツールです。
(ヨーロッパでのリーン開発の最近の状況も垣間見えるかも) http://www.iobeya.com/en/ 本物のポストイットみたいなピラリとした電子付箋も見ものです。
そのほか、KI組織風土診断のSFスキームの黒澤先生遺稿本(新刊)も展示します。
この本は難解ですが、深い考察があります。 ご興味ある方は、チャレンジ下さい。
そして、今回も、事例セミナー終了後の交流会など、いろいろ含めて破格の5400円(税込)。
昨年同様、定員を超す事が予想されますため、申し訳ございませんが、1社につき5名までお申込み可能とさせていただき、5名を超すお申込みの場合は、事務局までご相談ください。
ご参加をお待ちしております。


以上 (文責 中村 素子)
===========================================================
メールマガジンの配信停止のご連絡、
また、ご意見・ご感想などございましたら、下記アドレスまでご連絡ください。

◇日本能率協会コンサルティング KIセンター◇
E-mail:ki_jmac@jmac.co.jp