JMAC×テレワーク

テレワーク/リモートワークを前提としたプロジェクト推進

2回目の非常事態宣言が発令され、テレワークを再度実施する企業も増えています。

2020年4月ごろはテレワークを実施するためのパソコン、ツール類の整備が追いつかないという状況でしたが、今では導入されたツールやソフト類をうまく使いながら、より効率的で成果につながるプロジェクト推進が求められています。

日本能率協会コンサルティング(JMAC)のコンサルタントは20年以上前から、プロジェクト推進/働き方は日常的にテレワーク/リモートワークで実施してきました。

そのプロジェクト推進方法は、日本企業の組織文化や特徴、そして一人ひとりの主体性と自律性を育むことを前提に試行錯誤を積み重ねたものです。

ますます常態化するテレワーク/リモートワーク。各社のインフラ整備状況はさまざまですが、課題解決の手を止めることはできません。ニューノーマルのプロジェクト/ワークショップ/研修のあり方も含めてJMACにご相談ください。

プロジェクトテーマとリモートツール(実績を一部抜粋)

打ち合わせ・コンサルティング推進のご相談の際は、WEB会議ツールをご指定ください。Microsoft Teams、Zoom Meeting、Cisco Webex Meetings、Google Meetなど、JMACはご指定のツールに対応します。

JMACのリモート支援実績一覧

リモート環境下のプロジェクト推進風景

プロジェクト推進にあたってはリモートで柔軟に対応しています。
クライアント側のプロジェクトメンバーの所在も、自宅や拠点など状況に応じてさまざまです。JMACのコンサルタントは、在宅やJMAC拠点からのテレワークで臨機応変に対応しています。

実際の推進例

多拠点をつないだオンラインでのプロジェクト推進

多拠点をつないだオンラインでのプロジェクト推進

p

海外拠点(タイ)とオンラインでのプロジェクト推進

海外拠点(タイ)とオンラインでのプロジェクト推進

p

JMACスタジオを使った研修の配信

MACスタジオを使った研修の配信

p

オンラインでのプロジェクト発表会

オンラインでのプロジェクト発表会

JMACのコンサルタントが実践している「テレワーク50のコツ」

JMACのコンサルタントが実際にどのようにテレワークを推進しているか、そのノウハウを余すことなく紹介した書籍を2020年9月に出版しました。

tele50_book.png

「テレワーク50のコツ」
 著者:日本能率協会コンサルティング(JMAC)リモート生産性向上研究会 編
 出版社:日本能率協会マネジメントセンター
 四六判224ページ、本体1,500円+税
 書籍について詳しく >

この本では、テレワークをより効率的・生産的でより魅力のある働き方にするための50のポイントを解説しています。これらは、JMACのコンサルタントが実践から生み出したノウハウです。

ITツールやシステムなどの使いこなしだけにとどまらず、日常のコミュニケーションのあり方、企業の制度論や経営のあり方まで踏み込み、実務の役に立つ内容にしています。

テレワークの推進は、新型コロナウイルスに対応するだけでなく、多様な働き方や生産的な働き方を実現するための入り口です。

「今を乗り切るテレワーク」から
「未来を見据えたテレワーク」へ

テレワーク/リモートワークの導入により、大きな可能性が広がります。リモートとリアルを組み合わせたプロジェクト推進による、より魅力ある未来に向けた課題解決をJMACは支援しています。

コンサルティング・サービス一覧