JMAC WEBトレーニング

con_web_training.jpg

JMAC WEBトレーニング(Jwebトレ)とは

特徴その1:統合的な人材育成のプラットフォームを提供します

 JMACはWEBトレーニングで従来の集合研修と同等以上の効果を提供することができます。その際に以下のさまざまな項目を貴社のニーズに沿って、最適な組合せでサービスを提供します。

【JMACが提供する人材育成のプラットフォーム】

1.ハードウェア対応
 受講者の多様な学習環境(PC、スマホ、タブレットなど)に対応したサービスを提供します。

2.ソフトウェアを組み合わせた提供
 1つのソフトウェアだけに依存するのではなく、貴社が必要とするツールを組み合わせて提供します。
 例)学習支援システム(UMU、schoolTaktなど)
   統合学習管理システム(Moodle、Canvasなど)
   リアルタイム動画配信システム(MEET、ZOOMなど)

3.Before-On-Afterに適したコンテンツの提供
 研修全体を事前(Before)・集合/リモート(On)・事後(After)で有機的に連動するように個別設計を行います。

4.コンサルティング経験が豊富な講師
 WEBトレーニングでは、講師は多様な研修スタイル(ティーチング、コーチング)を用いた対応が必要となります。JMACの講師はコンサルティングの現場実践での経験を活かした有効なインタラクションを受講者に提供します。

特徴その2:1人当たりの育成費用の最適化を図ります

 新たにリリースしたJMAC WEBトレーニングでは、「集合研修により近い学習効果」が期待できるうえ、移動・宿泊・施設費用の極小化および多人数同時受講により、「1人当たり育成費用」の削減が見込めます。

特徴その3:集合型研修では実現できない「継続的なラーニング(人材育成)」を実現します

生放送(ライブ配信)・バーチャルクラス(On)だけではなく、その前後の事前学習(Before)、事後学習(After)をプラットフォーム化して組み合わせることで、集合型研修では実現し得ない育成効果を創出します。

JMAC WEBトレーニングの仕組み

生放送(ライブ配信):大人数にも対応

「生放送」では、大人数(50名超~数百名)の受講者に対して、簡便かつ効率的に育成をする場合に適したリモート研修です。講義へのリアルタイム質疑応答や、チャット・アンケートといったインタラクティブ要素があり、かつ、タブレット/スマホといった扱いやすいツールに、1つのアプリで簡単に受講が可能です。

バーチャルクラス:集合研修に近い育成効果

「バーチャルクラス」では、10~30名前後の受講者に対して、集合研修により近い育成効果を求める場合に適したリモート研修です。WEB会議システムを利用することで、講師・受講者相互に、映像と音声で対話や討議が可能となります。

コンサルティング・サービス一覧