BCP(事業継続計画)コンサルティング

特 徴

 つくっただけで終わらない、実際に使える実践的なBCPづくりを支援します。メーカーやサービス業の現場の改革の経験豊富なコンサルタントが、短期施策だけでなく、災害対応力(≒変化対応力)の強い会社となるために、自社として今後目指すべき方向性についても一緒に議論し検討していきます。

コンサルティング内容

  1. リスク評価:①現場リスク評価 ②サプライチェーンリスク評価
  2. BCP内容の設定:①BCP方針の設定 ②BCP対策内容検討 ③中期課題の設定
  3. BCP運用体制の設定:①運用サイクルの設定 ②教育・訓練の企画
  4. BCP教育支援:①経営層向け教育 ②社員向け教育 ③ベンダー向け教育  ほか

検討項目例

リスク項目を抽出して、商品ごとにサプライチェーンリスクマップを策定

リスク項目の抽出と商品別サプライチェーンリスクマップの作成

事 例 1

業 界:建材

会社プロフィール:連結売上高4,000億超の国内大手の建材メーカー

テーマ:全社業務改革及び次期基幹システム再構築

背 景:主力製品である医療系アナログ製品の需要減、外資系企業の新規参入といった経営環境の変化に対応し、事業構造の大幅な転換を方針として打ち出したものの、既存の製品・顧客を中心とした営業から抜け出せないため、人事評価制度を中心とし、方針の浸透と実践を促す仕掛けを導入した。

取り組み内容

  • 新領域への積極的な投資を促進する評価制度の導入
  • 営業スタイルを「モノ売りからコト売りへ」革新させる目標管理制度と人材育成制度の強化
  • 社員のモチベーション向上のためのインセンティブ制度の設計

事 例 2

業 界:自動車部品

会社プロフィール:中堅規模の自動車部品メーカー

テーマ:事業継続計画の策定

背 景:主要取引先である自動車メーカーからBCB策定の要請があった。これを機会に短期的なものではなく実践的なBCPづくりを検討。複数拠点はあるものの設備や金型の共通化なども遅れており、短期的にできる対策と中長期的に備えるための対策に分けて対策を議論し設定した。

取り組み内容

  • 経営層向けのBCP研修の実施
  • 地震・津波の被害の想定と、被害軽減対策の検討
  • リスク分散を図るための、複数生産拠点の代替化に向けた基本方向の設定
  • 取引先向けのBCP研修の実施
コンサルティング・サービス一覧