採用情報

閉じる

ViPO診断("ビーポしんだん"/人と組織の活性化診断)

診断のねらい

s_006_004_02_01.jpgs_006_004_02_02.jpg ViPO診断(The diagnosis of Vitality of People and an Organization)は、新しく導入した人事制度が人と組織の活性化に向けて運用されているかどうか、逆に弊害として現れて活性化を阻害するような状態になっていないかどうかを把握するツールです。
 以下のような困りごとに対応して、社員と組織の状態を調査し、その結果を人材マネジメントの施策に結びつけることを目的としています。
組織の活力を引き出したいが、人材マネジメント部門として有効な打ち手に焦点が絞れないでいる
社員の動き方が今ひとつ活発でなく、なかなか思うような業績に結びつかない
職場に活力がなく、創造的な仕事への取り組み、新しいチャレンジがなされない
業界の企業間競争が激しくなる中、会社を辞めていく社員が減らない
人事制度を改定したが、効果(社員の動き方の変化)が見えない

 人と組織の活性化のためには、そのための条件(活性化条件)を整える施策が必要になります。
 ViPO診断では、仕事のサイクルに沿った活性化視点について、「活性化に結びつけるためには、どのような条件を整えることがポイントになるか」という発想から活性化条件を設定しています。

対象

 診断対象はニーズに応じて柔軟に設定しますが、効率的に行うためにできるだけ絞り込みます。
■役員クラス
■マネジャークラス 
■担当者クラス

進め方

s_006_004_02_03.jpg以下のとおり貴社と調整しながら実施します。

1.貴社の問題意識の確認後、対象者・診断実施方法の設定2.標準設問(図にイメージ掲載)+オプション設問(貴社向けにカスタマイズ)によるアンケート実施
3.オプション:インタビュー実施、改革策提案
4.調査結果報告と今後の展開企画

アウトプット

1.活性化状態・活性化条件別得点、設問別得点
2.階層別・属性別の設問別得点
3.相関分析による重点課題分析

s_006_004_02_04.jpg

診断トップ