採用情報

閉じる

人材マネジメント簡易診断

診断のねらい

s_006_003_02_01.jpg 人材マネジメント(HRM)が適切な状態となっているかをアンケート形式で行う診断です。
 人材マネジメント簡易診断では、人材マネジメントの領域を「HRMの方針」「HRMの仕組み・運用実態(人材の量の管理/人材の質の管理)」「HRMの成果」の3つの視点から診断します。設問を絞り込んで効率的に回答できるようにし、短期間で大まかな傾向をつかむことができます。
 とくに、次のような問題意識をお持ちの企業に効果的です。

自社の人材マネジメントについて、一般社員と管理職との認識ギャップがありそうだが、実態を客観的に把握したい
人事制度のどの部分に問題を抱えているかを社員の認識から確認したい
とりあえず簡易な形で人材マネジメントの問題を
把握したい

対象

 診断対象はニーズに応じて柔軟に設定しますが、効率的に行うためにできるだけ絞り込みます。

 ■役員クラス
 ■マネジャークラス
 ■担当者クラス

進め方

s_006_003_02_02.jpg 以下のとおり、貴社と調整しながら実施します。

貴社の問題意識の確認後、対象者・診断実施方法の設定
標準設問+オプション設問(貴社向けにカスタマイズ)によるアンケート実施
オプションとして対象者にインタビュー実施、人事制度規程類分析実施、改革へのご提案
調査結果のご報告と今後の展開企画

アウトプット


項目別得点(レーダーチャート)
※ターゲット得点とのギャップ分析
階層インタビューに基づく課題(オプション)
別・属性別の項目別得点
規程類の内容に基づく課題(オプション)
改革案(オプション)

s_006_003_02_03.jpg

診断トップ