採用情報

閉じる

ものづくりマネジメントシステム成熟度診断

診断のねらい

 JMAC独自の視点に基づいた「ものづくりマネジメントシステム成熟度診断」を、質問に答えていくだけで簡単に行えます。自社の強み・弱み、評価コメント付き結果レポートを作成します。
 「ものづくりマネジメントシステム」とは、

 ・「目指す姿」達成のためのマネジメントをビジュアル化し、業績向上と環境変化に強い体質を同時実現する
 ・あらゆる環境変化の中でも、トップの想いを実現できる、自律型人材を醸成する
 ・課題の優先順序を的確に設定し、最適な資源配分がされるマネジメントを実現する

ことを目指しています。
 本診断では、これらに対する現在のマネジメントシステムのレベルを13のカテゴリーで明確にします。結果を社内で共有し、ものづくり力強化の体制構築に活用してください。

対象

 診断したい工場の工場長(または準ずる方)

進め方

 約100の質問に回答するアンケート方式です。回答は各問の4段階のレベルから自工場のレベルを選択する方式です。

アウトプット

 グラフにある13項目のレベルを提示し、強み・弱みを明確にします。また、どのようにレベルアップしていくべきかの簡易レポートを記述いたします。

s_004_006_02_01.jpg

診断トップ