組織文化診断・変革推進コンサルティング(OPECS)

特 徴

「組織文化=従業員意識とプロセスの集合体」が経営改革の足かせではなく推進力となるための変革を支援します。JMACはこれをOPECS(Organization Performance Evaluation & Clinic System)として提供します。

  1. 現状プロセス(「トップ・本社機能」・「事業マネジメント」・「職場マネジメント」)に対する従業員の問題意識を可視化します
  2. 他社比較偏差値・他社Goodモデルなどを活用し、問題の共有化・深堀、改革に向けた覚悟・気づきを促進します
  3. 「組織と個人の目標の連動」「組織の総合力発揮」「職場の生産性向上」「個人の強み活用と成長実感醸成」「チャレンジの誘発」「多様な働き方と自律の促進」など、組織文化の変革課題を絞り込み、構造化します
  4. 経営課題と連結した「組織文化」の変革課題KPIを体系化し、全社および職場での変革PDCAと変革実践を支援します

コンサルティング内容

  1. 従業員意識の定量化
  2. 問題の共有と課題の構造化
  3. プロセス・意識改革推進による組織文化の変革推進

個人と組織が共に成長し、共に成果に向かうための「組織文化の変革サイクル」

進め方と検討項目例

Ⅰ.現状認識

  1. 組織・人材面の問題意識
  2. 背景となる経営諸課題認識
  3. 経営ビジョン等従業員に向けた発信メッセージ
  4. 過去の改革取り組み経緯

Ⅱ.従業員意識調査の企画・実施

  1. 課題仮説の整理と追加するオリジナル設問の設計
  2. 調査結果活用に向けた組織別・属性別分析単位の設定
  3. 調査準備・調査実施
  4. 回答結果の集計

Ⅲ.従業員意識調査による可視化

  1. 強みと変革余地(仮説)
  2. 変革課題と課題構造(仮説)
  3. 改革ターゲット(仮説)
  4. 対策方向(仮説)

Ⅳ.組織文化の変革マスタープラン作成(全社)

  1. トップ層ディスカッション
  2. 本社部門ディスカッション
  3. マスタープラン作成
  4. 変革課題KPIの体系化

Ⅴ.職場へのPDCA展開

  1. 全従業員フィードバック
  2. 職場別結果フィードバック
  3. 職場マネジャーの気づき場設定
  4. 職場年度計画への反映

Ⅵ.「組織文化」の変革推進

  1. 全社改革支援
  2. 職場改革支援
  3. 組織文化の変革推進を担う人材の養成
  4. 定期的な意識調査による変化モニタリング


事 例

業 界:化学

会社プロフィール:カテゴリートップ製品を持つ一部上場化学製品メーカー

テーマ:組織風土改革

背 景:事業領域の改革・拡大を図る中、カテゴリートップ製品の存在や過去のコンプライアンス問題を背景とした守りが強い組織風土が、改革へのチャレンジ・改革に向けた組織間連携等を阻害しているとの問題認識があった。

取り組み内容

  • 全社員の意識調査実施
  • 経営会議メンバーによる意識調査結果の読み込みと、ありたい姿・課題の構造化、KPI設定
  • 部長・課長合同ワークショップの場を核とした各職場の課題・改革プラン検討、年間計画への反映
  • 活動途中での職場別相談会開催
  • 年1回の意識調査による変化モニタリングと年間計画の連動の仕組み化 など
関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧