ES・働きがい向上コンサルティング

特 徴

 外形的な制度による「量」のみに着目した長時間労働是正・働き方改革では企業の持続的成長は望めません。EX(Employee Experience:従業員体験)価値向上と業務生産性の同時向上の視点からワークスタイル(業務・マネジメント)変革を行うことで、経営成果とES(従業員満足)・働きがいを向上します。これにより、持続的な成長を実現する企業文化の変革を行います。

コンサルティング内容

1.現状認識とありたい姿仮説:これまでの取り組み整理、関係者ヒアリング、経営諸課題把握、ありたい姿仮説立案
2.実態調査と課題設定:調査企画、働きがい意識調査、業務実態調査、ワークショップによる自分事化
3.改革マスタープラン策定と実施:改革テーマ設定、即効改革案の推進、根本的な改革の推進

検討項目例

1.現状認識とありたい姿仮説

  • これまでの取組み整理(長年の懸案等)
  • インタビュー(トップ層、管理者、担当者)
  • 経営諸課題の把握
  • ありたい姿仮説立案

2.ありたい姿仮説に基づく実態調査

  • ありたい姿仮説に基づく調査企画
  • 働きがい意識調査(EXの実態、働きがい要因)
  • 業務実態調査(目的・プロセス・リソース配分)

3.課題設定

  • EXの実態から見た働きがい向上の課題
  • 業務価値の評価による生産性向上の課題
  • 自社らしい働きがいのありたい姿立案
  • ワークショップによる課題の自分事化

4.改革マスタープラン策定

  • 即効改革テーマの立案・体系化
  • 抜本的改革テーマの立案・体系化
  • 推進体制と役割の明確化
  • テーマ連携も踏まえたマスタープラン立案

5.改革推進

  • テーマ別分科会による推進
  • トップ層のコミットによる意思決定スピードの向上
  • トップからの定期的な発信による改革促進
  • 定期的な意識調査による変化のモニタリング  

事 例

業 界:SI

会社プロフィール:システム開発・運用を行うSI企業

テーマ:働きがい低下要因の把握と課題解決

背 景:従来より独自のES調査を実施しているがスコアが乱高下する。人事制度面の改革をしてきたが、近年は低下が著しい。その要因把握と抜本的な改革により、働きがい向上を実現したい。また、業務量が多く、長時間労働の歯止めができない。

取り組み内容

  • JMACの働きがい意識調査とトップ層・管理者・担当者へのインタビューによる実態調査
  • 働きがいおよび生産性の分析と課題設定
  • トップマネジメントのあり方是正、内部管理業務の削減、管理者のマネジメント変革等の課題解決
関連事例を読む コンサルティング・サービス一覧