物流:M社

会社プロフィール

食品物流

テーマ

ESから働きがいへの転換によるエンゲージメント向上

背景

物流事業は設備・機能の集合体ではあるものの、現場における一人ひとりの行動が非常に重要である。また物流の現場は環境的な厳しさもあり、従業員の働きがいを引き出し高めていくことは経営にとって非常に重要である。従来は「ES=従業員満足」という観点で意識調査・活用を進めていたが、経営から従業員への満足提供という一方通行的な解釈に陥っていた。そこで「働きがいを共につくる」という本質に立ち返り、より「自分事」「互いのこと」との位置づけに取り組みを転換した。

取り組み内容

  • 拠点長、マネジャー、担当者層100人インタビュー
  • 働きがいの源泉を具体的に把握
  • 各自の具体的な振る舞い例を掲げ、「自分は何をするのか」を明確化
  • 実際の従業員が登場する冊子を作成し現場でのコミュニケーションのあり方を発信
  • 定期的な「働きがい実態調査」を通じて多数の職場での自律的な活動の引き出し