会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

国家検定『機械保全技能士』受検対策研修
生産・サプライチェーン ものづくり人材育成
TPM全般・TPM関連 TPM®
研修コード:CG3-011

研修のねらい

 「機械保全技能検定試験」の機械系保全作業を受検される方を対象とし、合格に向けて技能教育のエキスパートが出題傾向と学習のポイントを指南

研修の特長

過去数年分の出題傾向を分析

対象者

「機械保全技能検定(機械系保全作業)」の受検者

プログラムの例

1.機械一般(種類、構造、機能、用途)
2.電気一般(用語、オームの法則、電力)
3.機械保全法一般(保全計画、点検、異常時における対応措置、品質管理)
4.材料一般(金属材料の種類、性質、用途、熱処理と表面硬化)
5.安全衛生(労働安全衛生法関連規則)
6.機械系保全法(主要構成要素の種類と欠陥の種類、原因、発見法、対応措置)
7.潤滑・給油(潤滑剤の種類、性質、潤滑方法)
8.非破壊検査(種類、用途、特徴)
9.油圧・空圧(基本回路、装置の異常と対応策、主要機器の種類・構造・用途)
10.力学・材料力学(力のつりあい、応力とひずみ)
11.製図(三角法、線と種類、用途はめあい、金属材料記号)


コンサルティング
JMACへのお問い合わせ