会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

生産工場における監督者育成研修
TPM全般・TPM関連 TPM®
階層別教育 マネージャー
研修コード:CG3-007

研修のねらい

現場力の強化が製造業で強く求められている昨今、その行動を第一線で担っているのは生産現場で働く第一線監督者(リーダー)の方がたです。
部下を指導してリーダーシップを発揮し、かつ現場での様々な活動を行っていくうえで、第一線監督者には様々な現場での活動の知識ならびに部下育成のための管理の知識が必要となりますが、多忙な業務のなかでこれらのことを学ぶ機会はなかなか取れない企業が多いのが現状です。
この研修では生産現場の第一線監督者として「生産とマネジメントの基礎知識」を身につけていただきます。

対象者

生産工場の監督者(リーダー)、教育訓練担当者、監督者候補の方々

プログラムの例

Ⅰ 現場管理(現場力)の必要性

 ・製造リーダーに求められる役割・モノづくりと製造業の現状
 ・TPMの必要性 ・現場管理の目的と目標
 ・標準作業 ・管理者、推進部署の役割
 ・PDCAサイクル ・具体的活動
 ・監督者のPQCD管理スキル ・現場管理のめざす姿
 ・標準作業と作業編成 ・設備点検基準
 ・目で見る管理 ・異常処理基準
 ・5S

Ⅱ 現場管理活動

 ・現場管理とは ・製造の役割
 ・管理の基本 ・現場管理向上の狙い
 ・現場管理の運営とは ・現場管理の役割とは
 ・標準作業書の理解 ・日常活動の基本

Ⅲ 監督者(リーダー)とは

 ・監督者とは ・標準化とは
 ・標準の活用 ・標準化のポイント
 ・標準化の理解の仕方 ・標準作業書の作り方
 ・監督者の日常活動 ・階層別役割

Ⅳ 現場改善活動

 ・改善の進め方 ・時間当り出来高管理
 ・原価管理によるコスト低減 ・品質を造りこむ
 ・作業管理による生産性向上 ・ムダの見つけ方
 ・PDCAサイクル

Ⅴ 現場監督者の姿

 ・監督者スキル ・強い現場にするには
 ・管理者の業務における役割 ・一年後のイメージ
 ・内側(芯) から変わる ・3つの一致

Ⅵ 目標の達成

 ・方針管理にもとづく現場管理方法 ・活動板の活用


コンサルティング
JMACへのお問い合わせ