会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

個別改善の進め方研修
TPM全般・TPM関連 改善手法
研修コード:CG2-006

研修のねらい

 TPMの目標は、生産システム効率化の極限追求(総合効率化)をする企業体質づくりです。このための活動の1つとして「個別改善」があります。設備の効率化を阻害する「8大ロス」の排除が、個別改善の主要なテーマとなります。

 ①故障停止ロス ②段取り・調整ロス ③刃具交換ロス ④立上りロス ⑤チョコ停・空転ロス ⑥速度低下ロス ⑦不良・手直しロス ⑧シャットダウンロス----を分析して、ロスごとの課題把握とその解決方法の習得をねらいとします。

研修の特長

・生産プロセスごとのロスを分類して排除していく論理的な方法論をじっくり解説
・実践的な「なぜなぜ分析」「PM分析」の基本をわかりやすい例示で講義
・TPMの「個別改善」の考え方、ねらい、ポイントをわかりやすく解説


対象者

・製造部門の管理者/監督者/リーダー
・生産技術部門・保全部門の管理者/スタッフ
・設備管理担当の管理者/スタッフ
・TPM推進事務局の責任者/スタッフ


プログラムの例

1.日本の製造業が置かれた現状
2.TPM概論
3.生産活動の中に潜むロス
4.個別改善とは
5.個別改善プログラム
6.なぜなぜ分析
7.PM分析
8.品質保全


コンサルティング
JMACへのお問い合わせ