会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

論理的改善を実践するための「なぜなぜ分析」演習
TPM全般・TPM関連 改善手法
ビジネススキル研修 思考力・実行力
研修コード:CG2-005

研修のねらい

 改善活動を通じて、問題を引き起こしている変化の要因や真の原因を追究する力こそ、今要求される現場力です。

 「なぜなぜ分析」は、故障・不良・災害などの真の原因を「なぜ・なぜ......」と繰り返すことで分析していく手法です。比較的簡便で取り組みやすい方法であることから、多くの職場で導入・活用されていますが、重要なポイントを理解しないまま実施した場合は、本来得られるはずの成果レベルまで到達しません。「なぜなぜ分析」を正しく理解して確実に仕事に活かし、改善力アップをねらいます。

研修の特長

・なぜ間違いった分析をしてしまうかを徹底解説
 (例)対策案が最初からすでにあり、そこに結びつけてしまう
    なぜのスタートである問題が大きすぎる、ハッキリしていない
    事実を確認せずに、仮説のまま次のなぜに進む
・問題点の解消と具体的な手順・ポイントをわかりやすく講義
・身近な事例での個人演習、文具などのツールを使ったグループ演習


対象者

・現場リーダー、サークルリーダー
・改善活動スタッフ、インストラクター
・TPM推進スタッフ


プログラムの例

1.なぜなぜ分析の実践手順

 問題解決対応のまずさ/なぜ改善が失敗するのか?/なぜ再発するのか?
 改善に必要な3つの技術/なぜなぜ分析とは/なぜなぜ分析を用いた改善の手順
 なぜなぜ分析のポイント

2.なぜなぜ分析のポイント

 陥りやすい誤り/「なぜなぜ分析」成功のポイント

3.なぜなぜ分析の個人演習

 身近な事例で正しく進めるコツをつかもう!

4.なぜなぜ分析のグループ実習

 身近な文具を使ってのグループ実習/グループで実施するときの注意事項

5.質疑応答による理解度の共有

コンサルティング
JMACへのお問い合わせ