会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

IE手法による作業改善の実践研修
TPM全般・TPM関連 改善手法
IE IE
研修コード:CG2-003

研修のねらい

 IE手法を講義と実習を通じて、製造現場における動作や作業分析を体験し、自分の身の回りのムダを見つけ、改善へと導ける力を養う人材育成を目的としています。また、受講された方が中心となって、IE手法を自職場で展開しくことを意図しています。

研修の特長

・IE手法が分析対象としている人作業のムダについて理解できる
・見つけた人作業のムダについて、IE手法を利用して分析を行い、現場改善の方向性を導き出せる
・IE手法を理解し、その作業の改善することができる
・科学的な分析手法を用い、一歩踏み込んだ改善が可能となる


対象者

・製造・保全の管理監督者、サークルリーダー
・改善活動推進スタッフ
・教育訓練担当者、TPM推進担当者


プログラム

1.ムダって何? 知っていますか? 7つのムダ

 つくりすぎのムダ/手待ちのムダ/運搬のムダ
 加工そのもののムダ/在庫のムダ/動作のムダ/不良をつくるムダ

2.IEって何?

 IEの基礎知識

3.改善活動ってどう進めるの?

 IEの改善アプローチ/改善発想技術

4.現状分析技術と応用

 稼動分析/タイムスタディー/作業分析
 連合作業分析/ライン作業分析/段取り替え分析

【演習】(例)
◇稼動分析

 稼動分析の目的と進め方/ワークサンプリングの進め方の理解

◇タイムスタディー

 タイムスタディーの目的と進め方/ストップウォッチを使用して作業内容を計測

◇作業分析

 作業分析の目的と進め方/作業分析表の記入方法を学ぶ/ECRSにより問題点の抽出と改善案の検討

◇連合作業分析

 連合作業分析の目的と進め方/連合作業分析表の記入方法(マンマシーンチャートの作成)を学ぶ/連合作業分析の改善の流れを体験する

◇工程編成

 工程編成の目的とライン作業の改善の進め方/編成効率・ラインバランスを取る

◇段取り替え分析

 段取り替え改善の重要性と進め方/分析手法を用いて改善のポイントを知る

※下記のカリキュラムも用意しています。

CG2-003_01.png


コンサルティング
JMACへのお問い合わせ