会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

企業競争力を強化する「働き方改革総合プログラム」

成長戦略の実現に向けた全社戦略を見直す

 人口減社会においても、企業としては「成長戦略の見直し・実現」とさらなる「生産性向上」が求められています。

 従来どおりの商品・サービス提供だけでは先細りになるため、海外を含めた新市場に展開する企画が求められます。一方で今まで以上に労働市場が厳しくなる中で、より効率化され採用競争力のある職場をつくり上げる必要があります。

 そのためには、中長期を見据え、

  • 自社の従業員構成をどう考えるのか
  • その従業員にどう働いてもらうのか
  • そのためにはどのような制度やルールが必要なのか
  • どのような職場環境を用意するのか
  • 新しい環境での管理をどうするか

など、さまざまな検討を進める必要があります。

 ポイントは、「働きがい=仕事の面白さ(の提供)」と「働きやすさ(の提供)」の同時実現であるとJMACでは考えています。

【働き方改革の5つのポイント】

ポイント1:会社の求める人材像を定義する ポイント2:制度・ルールを設計する ポイント3:マネジメントの仕組み・業務を変革する ポイント4:働く環境・ツールを設計する ポイント5 働く意識・会社風土を変える 世の中では、働き方を個人の観点から語ることも多いのですが、会社として従業員に提供するものとして捉えることが重要です。

 会社の成長に向けて、さまざまな社員にどう働いてもらいたいのかを明確にして準備することが求められます。そのための観点は、以下のとおりです。

ポイント1 会社の求める人材像を定義する

 変革の時代に会社として求める人材像を再定義します。そこで求められる役割・責任・スキルを明確にするとともに、労務費配分方針についても再設定します。

ポイント2 制度・ルールを設計する

 求める人材像に応じた評価の仕組みを設定し、さまざまな人材にとっての働きやすさを意識した各種制度を構築・導入します。

ポイント3 マネジメントの仕組み・業務を変革する

 さまざまな制度適用者がいる前提でのマネジメントの仕組み、および業務のあり方を再設定します。助け合える職場づくりがポイントです。

ポイント4 働く環境・ツールを設計する

 成長に向けた社員間の創発を意識しつつ、コミュニケーションを促進する仕掛けやツール、執務環境を整備します。

ポイント5 働く意識・会社風土を変える

 従業員の役割変革・成長促進を促すために、会社の求める人材像や自立的人材への成長期待など、管理職や各職層の方々の意識や考え方を見直すための機会を提供します。

働き方改革のための【8つの支援プログラム】

 全体的な見直しから個別課題の解決までを支援するために、上記の働き方改革5つのポイントを踏まえ、JMACでは8つのプログラムを準備しています。

1.新人材像・ダイバーシティポートフォリオ策定プログラム

 将来の人材構造を設定し、そこに向かうための課題や、それぞれの人材タイプに求められる役割やスキルなどを設計します。

2.人事・評価・処遇制度再構築プログラム

 成果主義型評価の拡大を前提に、人材タイプの役割に応じた評価や処遇の考え方を整理し、必要な制度・運用案を再設計します。

3.働き方制度構築プログラム

 さまざまな働き方に対応できるような社内制度・運用ルールについて設計します。合わせて制度倒れにならないように、運用課題についても整理します。

4.マネジメントスタイル変革プログラム

 助け合える職場にしていくためのマネジャーとしての振る舞い方や、チーム(部門)としての新しいマネジメントの考え方を整理し、各部門への導入を支援します。

5.業務スタイル変革プログラム

 助け合える職場にしていくために、どの仕事を見直していくべきかの評価を行い、実際の業務の標準化やマニュアル化の推進を支援します。

6.職場環境・ツール再設計プログラム

 多くの会社で課題としてあがる資料作成・会議運営などのルールの見直しや、コミュニケーションを活性化するための仕掛けや仕組みの導入企画を支援します。

7.意識改革プログラム

 働き方改革を後押しするために、トップ・ミドル・ボトムの各層の意識改革の実現に向けて、セミナーやワークショップなどを通じて活動推進の必要性の理解と浸透を支援します。

8.本社移転・新オフィスの働き方総合見直しプログラム(移転・PMIに絡んだ組織風土改革)

 本社の移転やレイアウト変更に伴って、ファシリティなども含めたオフィス環境全体の方向性設定や、運用設計、移転に向けた課題解決を支援します。

実積
JMACへのお問い合わせ