会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

電機・電子・通信

競争優位性の再構築が最大の経営課題

電機・電子・通信業界は一言で括るには幅が広い業界です。しかし、共通していることはいくつかあります。電機・電子・通信業界なしには現在の社会は成り立たないこと(需要は広く、大きい)、規格化・モジュラー化が強く深く進みグローバル競争が激しいこと(競合も多く、多様)、技術革新速度が速く大きいこと(ムーアの法則)などがあげられます。
 これらの共通点から言えることは「厳しい競争、新しい競争に常にさらされている」ということです。
 すなわち、モジュラー化と設備依存度の高い製造方式により参入障壁が低い分野が大きく価格破壊を起こされやすい、大量に生産する必要があるものが多いことで水平分業化と短期間での技術レベル向上が進み技術優位性が短時間で失われやすい、多数の参入者があることでニッチなニーズ対応の商品が生み出されやすい――という事業が多いのです。
 このような特徴に対して、日本製造業が得意としてきた技術優位性、摺り合わせ技術力、垂直統合型による品質・コスト最適化、多数の既存協力会社とのアウンの呼吸的な連携というモデルでは、うまくは当てはまらない分野が多くなってしまいます。さらに従来と競争原理が異なっているため、従来型の経営方針・戦略では競争優位性が保てない会社も多く目にします。
 とくに、投資金額規模という規模以外では、意思決定速度、運用モデル・ネットワークの変革速度、新市場のマーケットニーズ把握速度など、速度に関わる課題が大きいと思われます。

統合アプローチによる一貫した変革を支援

上記のような課題を解決するためには、事業全体として関連部門すべてが変革を検討し、実行していかなくてはなりません。
 事業単位での競争優位性を再構築するには、以下のような変革のテーマ(例)が必要になります。JMACは70年にわたる製造業支援から日本製造業の特性を熟知しており、製造業の経営・事業戦略および各機能単位でのコンサルティングを行っています。スペシャリストのコンサルタントがチームを組み一丸となって変革を支援します

011_004_02_01.jpg【変革のテーマ】
1.新市場マーケティング方法、販売方法の変革
2.事業モデルの変革
3.開発戦略・計画の立案方法の変革
4.最適生産体制へのシフト(ネットワーク変革)
5.必要な事業速度を実現するための新ビジネスプロセスへの変革

コンサルティングテーマ&実績

011_004_02_02.jpg

関連事例

実績


実例・実積 企業内研修 診断
JMACへのお問い合わせ