会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

ロジスティクスコンサルティング

ロジスティクス改革の基本視点

 事業を取り巻く環境の変化は年々スピードを増しており、事業競争力の維持・強化という観点からもロジスティクスを見直し、コスト・スピード面で無駄のない仕組みを構築することは、重要な経営課題の1つと言えます。

 JMACは、"ロジスティクス改革"をテーマとして、多くのクライアント企業を支援していますがが、単に物流コズト削減だけを目的とするものではなく、むしろ、"コスト"を軸に企業のロジスティクスシステム全体を多面的に考察し、現在の事業環境に対して改革すべき要点を洗い出すことに主眼を置いています。

 したがって、JMACのアプローチは、ロジスティクス構造を詳細に整理し、さらにその実態をよく考察したうえで、改善・改革すべきテーマを洗い出します。

コンサルティング中分類_ロジスティクス_図表.JPG



ロジスティクス改革の要はネットワーク構築

 ロジスティクス改革にはさまざまなテーマが含まれます。その中でもっともニーズの高いと思われるテーマの1つに「物流・ロジスティクスネットワーク構築」があります。

 昨今の激変する市場・流通環境、さらにはグローバル全体を見据えたサプライチェーンの構築という課題において、調達・生産・ロジスティクスの拠点をどのような階層でどこに配置するかという命題の重要性はますます増しています。

 JMACは、あらゆる業種におけるさまざまな拠点設計・設定の実務経験・ノウハウを元にして、企業のニーズに最適なロジスティクスネットワークの設計を、スピーディに提供します。



ネットワーク構築の視点・ポイント

1.ネットワークの設計は「基盤」と「運用」の二本柱

 ロジスティクスにおけるネットワーク設計とは、企業における事業戦略を決める重要な要素となることが多く、その観点では重要な「基盤・インフラ設計」となります。

 その一方で、せっかく設計・設定した拠点が思うように稼働しない、ねらった成果を達成できない、ということがあれば、まったく意味がなく、実務を動かす「運用管理」が同程度に重要です。

 JMACでは、この双方に留意したネットワーク構築プログラムを提供します。

2.顧客ニーズこそがすべての起点

 ネットワーク構築において、ともすれば「物流コストの圧縮」「流通在庫の削減」といった、社内最適の目的ばかりに目がいっていないでしょうか。ロジスティクスとは、突き詰めれば「顧客への付加価値向上」を目的とすべきものです。

 ネットワーク設計においても、社内的なコストダウンや在庫削減を主目的とするのではなく、第一義的に「ネットワーク構築によって顧客に何を付加価値として提供するか」を最優先課題とするべきです。

3.QCDトータルを考慮した詳細運用設計

 ネットワークの成否は、最終的にはそれを運用する仕組みや管理システムの出来栄えに左右されます。ネットワーク運用とは、受注・荷役・保管・輸配送・流通加工・納期回答などさまざまな機能の集合体であり、それぞれの機能における詳細な構築ノウハウが要求されます。

 JMACは、マクロ的なネットワーク設定と共に、実務上で運用可能な仕組みを徹底して追求し、「必ずものになる」ネットワーク構築のプロセスを提供します。

コンサルティングテーマ

・ロジスティクスネットワーク構築
・ロジスティクス情報システム構築
・アウトソーシング支援(要件設計、コンペ)
・物流センター設計
・物流作業改善
・輸配送効率化

実積
JMACへのお問い合わせ