会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

競争力ある工場づくりコンサルティング

高生産性と革新性を両立させる工場づくり

不確実性の高いビジネス環境において競争優位を確保するためには、製品イノベーションのスピードと、それに応じて生産システムを変革させる瞬発力が欠かせません。高い生産性を維持しながらも変化への柔軟性を兼ね備えるシステムデザインが望まれています。さらに競合他社が模倣できない生産技術力によって優位性を確実にすることにも期待が寄せられます。

JMACの新工場建設および生産システム変革のコンサルティングは、このようなダイナミックな環境における、高生産性と革新性を両立させる工場づくりを手際のよいプログラムによって実現致します。

未来を創造する総合的な活動フレームワーク

c-kojotsukuri-01.jpg新工場建設をはじめとする生産システムの改革とは、競争優位を実現するために、生産要素の組み合わせと配置に関する合理的なデザインを新たに作り上げることを意味します。コアになる生産要素には、生産設備などのハードウェア、生産管理システムなどのソフトウェア、インフラになるユーティリティ、および全体としての生産システムの構成があげられます。これらの要素をもっとも目的に合うかたちで効率よく配置し運用するために、IE手法をはじめとする定量化技術を適切に活用しながらデザインを進めていきます。

また新しい工場デザインの実現に向けて、現状システムを実際に変更していく活動も、成否に影響する重要なワークとなります。こうしたプロジェクトマネジメント活動において、項目を抜けもれなくリストアップして、確実にスケジューリングと役割分担を計画実施することが混乱を防ぐ手段となります。しかしながら生産システム改革の組織的経験が乏しい場合には、参考とすべき過去のモデルもなく、大きな不安要素となってしまいます。

JMACの推進プログラムでは、企画から設計、工事、再稼動までの段階ごとに、検討すべき内容のリファレンスが用意されており、ワークの展開とスケジューリングを迅速に進めることが可能となります。また具体的な能力設定やレイアウト設計、さらに生産計画や物流、在庫管理などのシステムデザインについて、生産システム改革に知見を持ったコンサルタントが最良のアドバイスを行ないます。

将来の不確実性に備えて、どの程度生産システムに弾力性(変更のしやすさ)を持たせるのかは、新工場設計のポイントとなる視点です。設備の汎用度レベルやレイアウトの柔軟性に加え、工場移転に伴なう在庫施策や人事施策などの実務的な課題解決、将来に向けてのスキルや生産技術のレベルアップなどについても総合的に支援致します。

コンサルティングの特徴

c-kojotsukuri-02.jpg

新工場建設に実務ワークをすべてカバーします。

新工場建設や生産システム改革におけるプロジェクトワークについて、広範囲にわたって支援を行います。

生産システム設計に精通しています。

70年にわたる現場改善コンサルティングで培った生産システムの設計と運営のノウハウのすべてを提供致します。

確実なプロジェクトマネジメントを推進します。

精緻なスケジュール管理をはじめ、予算管理、人員計画や採用および教育の実施、新規調達などの個別管理を直接支援致します。

必要なリソースの調達支援を行います。

設計や工事、設備の調達に関して、JMAグループのクライアントネットワークを活用した情報提供と選定を支援致します。

生産システムの早期立上げを実現致します。

早期のフル稼動に向けた、フィードフォワード型の課題解決と、立上げ時における迅速な問題解決を支援致します。

コンサルティングテーマ

  • 新工場建設
  • 新ライン設計
  • FA(自動化)推進
  • 生産工場におけるICT活用
  • 工場マネジメントシステムの構築
  • コンカレントエンジニアリング


    btn_works.jpg
JMACへのお問い合わせ