会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

技術戦略の策定コンサルティング

技術をテコにして企業成長を実現する

技術戦略は企業が進むべき技術的な方向性を示す羅針盤です。JMACのコンサルティングサービスでは、企業が保有するコア技術を明らかにして、それをテコとして活用した事業活動の展望を描くと同時に、将来の事業環境の変化を踏まえ、獲得すべき技術の方向性を提示します。

技術戦略策定の基本フレーム

企業価値や事業価値の向上を実現させる技術戦略を策定するためには「どのような技術を、どのように強化し、どのように活用するのか」を明確にすることが求められます。

JMACのコンサルティングサービスでは、まず自社が保有するコア技術を明らかにして、このコア技術を活用した新たな価値創造を構想します。また、この際に現有のコア技術を単に横展開するだけではなく、コア技術の発展や拡大も視野に入れて価値創造を構想することが重要となります。次いで自社の置かれた事業環境の変化を読み取りここから求められる新たな価値提供とそれを実現する商品/事業を構想して、その実現に必要な技術を明らかにします。最終的に、これら2つの構想を統合して、自社として強化すべき技術の方向性を見出します。

c-senryaku-01.jpg

強化すべき技術領域を機能や価値で捉える

企業レベルで継続的な価値創造を実現させるためには、個々のコア技術に注目するだけではなく、コア技術を束ねてある程度の幅を持つ技術領域を定義して継続的な研究開発を推進する必要があります。この技術領域は技術プラットフォームとも呼びます。だだし、技術と事業をつなぐためには、技術プラットフォームを単なる技術領域として括るのではなく、技術が実現する機能や価値で捉えることが重要となります。

このような工夫を行うことで、事業や顧客への技術の貢献がより想起しやすくなり、技術と事業とのつながりが明確になります。

c-senryaku-02.jpg

コンサルティングテーマ

  • 企業/事業成長を実現する技術戦略の策定
  • 技術ロードマップの策定
  • オープン・イノベーションの実践

btn_works.jpg

JMACへのお問い合わせ