会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

コンサルティング

R&D組織革新・人材育成コンサルティング

イノベーションの創造と知的生産性の向上を継続的に実現する組織づくり

企業における研究開発投資は増加傾向が続き、その中心となるR&D部門にはイノベーションの創造と、知的生産性の向上による経営貢献が継続的に求められています。JMACではR&D部門において、新たなイノベーションを創造し続ける〈組織〉と〈人〉の実現を支援するコンサルティングを行っております。

R&D組織革新の基本フレーム

c-rd-01.jpgイノベーションを継続的に創造し続けるR&Dの組織づくりのためには、4つの視点から変革していきます(図)。

まず、重要となるのがR&D Visionです。自社のR&Dはどのような価値を提供していくのか? どのような方向に進んでいくのか?――とくに、イノベーションに対する価値観をどう位置づけていくのかを、明確にしていくことが重要です。

このR&D Visionに基づき、「技術づくり」「顧客づくり」「人・風土づくり」の3つの視点で変革を進めていきます。この3つの視点は独立ではなく、関連させながら相互に高め合っていく仕掛けが重要です。

未来構想力と顧客発信力を高める

c-rd-02.jpg「技術づくり」のポイントは、技術をいかに高めるかだけではなく、社会や顧客の未来を想像する力を高めることが重要になります。これはマーケッターの仕事ではなく、イノベーションを起こす研究開発者の仕事だと認識することです。これまでのR&Dには受身的立場での研究開発が見受けられましたが、顧客の期待は"提案"です。要求仕様を達成するだけのR&Dでは「役には立つが期待できない」という評価になっています。この先行提案力を高めることが共にイノベーションを創造する「顧客づくり」につながるのです。

従来の延長線上にない未来を研究開発者自らが想像し、それを顧客に魅力的に提案することにより、内向きではない、未来志向の外向きの研究開発者を増やしていくべきなのです。

コンサルティングテーマ

  • 未来構想力の強化
  • 顧客指向の技術部門づくり
  • イノベーティブなR&D組織への変革
  • R&D人材育成力の強化


    btn_works.jpg
JMACへのお問い合わせ