会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

塚松 一也
研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

第24回 ワクワクするプロジェクトの目標を掲げていますか?

 今回から数回にわたり、研究開発現場のプロジェクトマネジメントについて思うところを書いてみます。

 まず今回は、プロジェクトの目標設定について考えてみます。

本来のMust目標とWant目標の意味

 開発プロジェクトは、然るべき時期(納期)までに、然るべきスペック のもの、所与のコスト・リソースで成し遂げるものです。ここでいう" 然るべき"ということがプロジェクトの「目標」と呼ばれるものです。要するに、「いつまでに何を作りあげるのか」がプロジェクトの目標です。 多くの場合、目標は簡単に達成できるものではなく、厳しい目標を掲げ挑 んでいるプロジェクトがほとんどです。

 コンサルティングをしている中で、プロジェクトリーダーに、「その目標は、必達目標ですか?」と尋ねると、「もちろん、必達です。Must目標 です。」という回答が返ってくることがあります。そこで、「今の目標はMustなんですね。もし、達成できなかかったらどうなってしまうのですか?」とさらに尋ねると、「上から(あるいはお客様から)、絶対に目標必達だと言われているので、目標が達成できないということは考えられません。」という感じで、Must目標のMustである理由が よくわかららないケースもあります。その多くの場合は、プロジェクトリーダーがその目標をどことなく"負担"に感じていて"やらされ感"が漂っているようです。
 一方で、「このプロジェクトのWant目標は何ですか?」と尋ねると、「Must目標で精一杯で、Want目標なんてないです。」とか「できれば、性能を2倍ぐらいまで上げたいとは思うのですが、あまり厳しい目標を掲げてもいけないのでメンバーには言っていません。」というような返事が返ってくることがあります。

 Must目標とWant目標については、多くの組織ではどうも次のような意味合いで言葉が使われているようです。

   Must目標=必達せねばならない目標
   Want目標=できたらいいなという目標


 しかし、あらためて考えてみると、Must目標とWant目標は、本来の英語の意味に立ち返ってみると、次のような解釈が適切なように思います。

 Must目標は、「~しなければならない」ということですので、もしMust目標が達成できなければ、プロジェクトをやらなかったのと同じくらい意味がないという絶対的な最低ラインの目標と解釈すべきです。

 一方、Wantは、本来「~が欲しい!」という意味です。「I want ~」という英語は、「できたら~したい」というニュアンスではなく、「~が欲しくてたまらない」というものです。ならば、Want目標は、「~をなんとしても成し遂げたい!」という意欲満々な目標であるはずです。「もし、その目標が達成できたら、価値の意味が違ってくる! 飛びぬけてすごい、抜群なレベル!」と、その目標自体がやる気を奮い起こさせるものであるはずです。


 プロジェクトの目標、それが達成する性能向上の度合いでも、達成するコストダウンの度合いでも、あるいは達成する時期(期間の長さ)でも、その達成レベルとその価値(意味合い)はリニア(直線的)な関係ではないはずです。
 あるレベルを達成できなければ、そもそもそのプロジェクトをやる価値がなくなってしまうという"絶対的な最低レベル"はありえます。それが本来の意味での"Must目標"です。
 逆に、あるレベルを達成できたら大きく意味合いが変わってくるような "抜群に魅力的なレベル"もありえます。それが本来の意味での"Want目標"です。

col_tsukamatu_24_01.png


 Must目標は、「それができなかったら大変なことになるぞ!」という危機感・恐怖感を煽る性質のものです。たしかに、危機感・恐怖感でやる気は高まると思いますが、いつもいつもMust目標だけでがんばり続けるというのは、精神的にキツイ気もします。

 一方、Want目標は、「これができたら、みんな驚くぞ! いっちょ、びっくりさせてやろうぜ!」とポジティブにワクワク感・武者震いを高める性質のものです。プロジェクトリーダーには、ある程度は目標を設定する権限があるはずです。プロジェクトリーダーは、メンバーがその達成を喜べるような魅力的な目標、メンバー各自の成長が実感できるような挑戦的な目標を掲げるようにするといいと思います。

魅力的なWant目標を掲げることはプロジェクトリーダーに問われている

 プロジェクトのゴールは、「最低の目標」のゴールだけではないはずです。「最高の目標」があるはずです。「これが達成できなかったら価値がない」というというMust目標(最低目標、絶対必達目標)と、「これが達成できたら、最高!」というWant目標(最高目標、大成功目標)を両端にして、その間にいくつかのゴールがあるものです。

 本来、プロジェクトは、Want目標を目指して進めていき、諸般の事情で目標を落とさなくなってしまったとしてもMust目標は必達しよう(必達できる)というものです。最初から、Must目標の達成だけを目指していると、何かあった時にMust目標にすら届かなくなります。その意味でも、Must目標(最低の目標)だけでなく、Want目標(最高の目標)を掲げる必要があるのです。

 col_tsukamatu_24_02.png

 コンサルティングをしていると、やらされ感を漂わせて仕事をしている プロジェクトリーダーに出会うことがあります。プロジェクトの目標を尋ねても、「上から、やれ!って言われているので」とか「お客様から無茶な要望を押し付けられて」といった感じの"被害者モード"の語りをする人です。ご本人は気づいていないかもしれませんが、そのようなネガティブな雰囲気は、プロジェクトメンバーに伝わるものです。

 プロジェクトの目標を自分の言葉で魅力的に語ること、かっこつけていえば"プロジェクトの夢"を語ることが、プロジェクトリーダーとして最初にやるべきことだと、私は思います。 プロジェクトリーダーが、素敵な"Want目標"を掲げることが、プロジェクトメンバーのモチベーションを高めることにつながるものです。

←第23回 | 記事一覧 ↑ 

コンサルタントプロフィール

塚松 一也

R&D組織革新センター チーフ・コンサルタント

塚松 一也

R&Dの現場で研究者・技術者集団を対象に、ナレッジマネジメントやプロジェクトマネジメントなどの改善を支援。変えることに本気なクライアントのセコンドとして、魅力的なありたい姿を真摯に構想し、現場の組織能力を信じて働きかけ、じっくりと変革を促すコンサルティングスタイルがモットー。ていねいな説明、わかりやすい資料づくりをこころがけている。


JMACへのお問い合わせ