会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

塚松 一也
研究開発現場マネジメントの羅針盤 〜忘れがちな正論を語ってみる〜

第20回 新しいことを始めるときは、まず“三本の矢”になろう

イノベーティブな取組みは、逆風の中を前に進めるヨットのようなもの

 新しい発想の商品アイデアを具現化するプロジェクトは、最初から多くの賛同を得て進めていけるとは限りません。最初から強い追い風が吹くのはマレです。最初は理解されない、反対される、懸念をもたれる、外野からとやかく言われる、協力してもらえない、などイノベーティブな取組みには逆風が吹くものです。

 しかし、それでも前に進めるのがイノベーションリーダーです。

 「上の人が認めてくれないから、できない」とか、「みんなが協力してくれないから、できない」と諦めたのでは、イノベーションリーダーではありません。逆境の中を推進していくからこそ、リーダーシップが重要なのです。

 イノベーティブなプロジェクトは、たとえていえば「逆風の中を少しずつ前に進めるヨット」のようなものです。

 たしかに逆風で普通に考えると前に進まない状況ですが、細かく工夫を駆使することで、小さな力学を使いながら、少しずつでもジグザグに前に進めていくということです。

 なぜ逆風でもヨットが前(実際には斜め前)に進めるのか、詳しいことは別に譲りますが、どのような「力」を利用しているのかを簡単に説明すると、セール(帆)の付近を流れる風によって発生する「揚力」と、センターボード(船底の中央から水中に差し込む板)による「抵抗力」です。「揚力」と「抵抗力」が前に進む力の理屈なのです。

 この原理はわれわれに重要なことを教えてくれているように思います。つまり、風向きを変えようとするのではなく、ヨットの構造の工夫とセール制御の術がポイントだということです。新しいことを始める人(達)の構造と働きかけの術が大事だということを教えてくれているような気がしてなりません。

col_tsukamatsu_020_01.png

新しいことを始めるときには3人で

 イノベーションにはリーダーシップが重要ですが、どんな優れたアイデアをどんなに優れた人が提案しても、新しいことは社内の抵抗にあって潰されてしまいがちです。とくに推進者が1人の場合は、潰されやすい(というか、潰れやすい)ものです。

 新しいことを前に進めるリーダーが最初になすべきことは、仲間をつくることです。1人で抵抗と戦うのではなく、仲間と一緒になって前に進めるようにするのです。そういうコアとなる推進組織構造を形成することが大切です。

 では、仲間は何人つくるといいのでしょうか。

 社内で新しいことを始めるとき、必ずしも「仲間は多ければ多いほうがいい」わけではありません。人が増えれば、その分、意見も割れていくでしょうし、緩い派閥のようなサブグループもできて、一致団結の度合いも低下する弊害も出てくるでしょう。

 私が思うに、答えは、"3人"です。

 1人は単。2人は複。3人になると団という意味です。

col_tsukamatsu_020_02.png

 なぜ3人がいいのかということを、2つの分野から説明してみます。

 ひとつは、経験則、ことわざ、いにしえの知恵です。

 以下のように3人の強さが説かれています。

  • 三人寄れば文殊の知恵
  • 三本の矢(毛利元就の教え)
  • 三人にして迷うことなし
  • 三人市虎をなす(市虎三伝)

 もうひとつは、集団心理学・行動科学系の実験からの知見です。

 以下のように3人の強さが実験結果などから説明されています。

  • 3人が結束すれば十分に周りに影響を及ぼす(4人以上に増えてもさほど効果は高まらない)
  • 3人いれば、単なる"変わり者"や異端児とは見られにくい(周りから無視・嘲笑されにくい)

 このあたりは、ソロモン・アッシュの同調行動実験(1951年)などが古典的研究として知られています。

 そして、私は3人が集まると生じる心理や力学があるように思います。

  • くじけそうになったとき、励まし合える(他の2人のがんばりに刺激をうけて意欲が高まる)
  • 1人だと諦めてしまう状況でも、他の2人も諦めるとは限らないので、チームとして諦めにくい
  • ある人にとって相性の悪い相手も、別の人はうまく対応できるかもしれないので、頓挫しにくい
  • 3人がそれぞれのネットワークを持っているので、"しかるべき誰か"にアプローチできる可能性が高い
  • 3人は誰かと誰かが揉めたとしても、誰かが仲介役になることで、紛糾状態・決裂にはなりにくい

 これらが、3人集まることのメリットです。

 新しいことを始める場合、早い段階で3人の"団"を形成できるかどうかがひとつの"鍵"になるのです。

←第19回 | 記事一覧 ↑ | 第21回→

コンサルタントプロフィール

塚松 一也

R&D組織革新センター チーフ・コンサルタント

塚松 一也

R&Dの現場で研究者・技術者集団を対象に、ナレッジマネジメントやプロジェクトマネジメントなどの改善を支援。変えることに本気なクライアントのセコンドとして、魅力的なありたい姿を真摯に構想し、現場の組織能力を信じて働きかけ、じっくりと変革を促すコンサルティングスタイルがモットー。ていねいな説明、わかりやすい資料づくりをこころがけている。


JMACへのお問い合わせ