会社概要
English
TPM (English)
サイトマップ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
印刷
お問い合わせ番号0120-096-580

研究開発は成長戦略エンジン Static R&DからDynamic R&Dへ

研究開発は成長戦略エンジン Static R&DからDynamic R&Dへ

研究開発は成長戦略エンジン Static R&DからDynamic R&Dへ

著者

 日本能率協会コンサルティング
 木村 壽男

出版社

 株式会社同友館 A5判上製/248ページ 2,500円(消費税別) 

研究開発は成長戦略エンジン Static R&DからDynamic R&Dへについて

この本の特徴

研究開発投資は増加基調にあります。しかし、その投資に対して十分な成果を生み出せている研究開発組織は少ないのが実情です。本書では「ダイナミックな研究開発」によって、成長戦略を創造し実現していくための、新たなR&Dマネジメント体系を提言しています。R&D変革の鍵を握る7つの「R&D活力」について、そのコンセプトと革新方法をわかりやすく解説しています。

主要目次

第1章 新たな研究開発マネジメントとは―「生産性」と「活力」の同時追求
第2章 研究開発が成長戦略を考え提言する―成長戦略と研究開発戦略の融合
第3章 テーマ創造力を高める―個人の創造性を組織的に結集する
第4章 事業化プロセスを再構築する―事業化スピードと成功確率を高める
第5章 オープンイノベーション―外部の知の活用
第6章 技術の未来価値を高める
第7章 事業創造リーダーづくり―次世代のR&Dを主導する人材の養成
第8章 革新的組織風土づくり―絶え間ないイノベーションを起こす組織へ


JMACへのお問い合わせ